エミレーツ航空、ドバイ~ロンドン線の全便を超大型機A380で運航

スポンサードリンク

来年1月から

ロンドン線全便をA380化

エミレーツ航空は2016年1月1日からドバイ – ロンドン線(ヒースロー、ガトウィック)の8便の全てをA380で運航する事を発表した。

ガトウィック線の1日3往復の便(1往復は曜日限定)の機材変更を行う事により、A380を1日2便運航しているドバイ – マンチェスター線を含むと英国路線のA380は就航国の中では最多の週70便を運航している。

エミレーツ航空の関係者は全便A380化の目的を「ロンドン線の利用者は過去5年間で25パーセント以上増加している点や、発着枠にも制約がある事から利用者の利便性維持が目的だ。」と述べている。

2008年12月からエミレーツ航空はロンドンヒースロー便にA380を運航させている。

至れり尽くせりのおもてなし

ファーストクラス、ビジネスクラス利用者やマイレージサービスのスカイワーズのゴールド、プラチナ会員はロンドンや就航地のラウンジを使用でき送迎サービスを受ける事が出来る。

エミレーツ航空のA380は世界で唯一のシャワールームを備えている事や、ファースト、ビジネスクラス専用の機内ラウンジを備えておりリフレッシュできる空間を提供している。

なお12月1日からは35番目の就航地となるコペンハーゲンへの就航が決定している。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
エミレーツ航空プレスリリース
http://www.emirates.com/english/centre/londo-a380

スポンサードリンク