アフリカ商業銀行、SAPのテクノロジーでリアルタイムのサービスを提供へ

スポンサードリンク

アフリカ商業銀行、SAPのIT技術を用い業務プロセスを改善

ソフトウェア会社大手SAPのアフリカ支店は、7月28日、アフリカ商業銀行(以下、CBA)がビジネス戦略として、SAPの技術を用い、業務プロセスを自動化し改善するプロジェクトを行うことを発表した。

CBAは、東アフリカにおいて最も大きい銀行であり、その歴史は50年以上になる。

アフリカ商業銀行、SAPのテクノロジーでリアルタイムのサービスを提供へ

世界中の銀行に提供してきたSAPの経験を重視

CBAのジティンジ氏は、次のように語る。
SAPが世界中の銀行における業務プロセスの改善を行ってきたことを高く評価している。CBAの基幹業務にも、それらの経験、知識、技術が活かされるとを確信している。(SAPのプレスリリースより引用)

アフリカ商業銀行の業務改善内容

CBAは、業務プロセスの見直しを行う。現在、手作業で行われている業務を自動化する。そのために全てのプロセスを設計し直す予定だ。

また、金融機関もしくは銀行で強化する必要があることとして、コンプライアンスに対応した監査用のデータを取得するための仕組み作り等がある。

SAPは、契約で締結した予算範囲内で開発を行い、1年以内にCBAの業務プロセスに適合する複数のソフトウェアを提供する予定。

(画像はアフリカ商業銀行のサイトより)

<外部リンク>
SAP プレスリリース
http://companies.mybroadband.co.za/

アフリカ商業銀行
http://cbagroup.com/

スポンサードリンク