エミレーツ航空がマリ共和国へ就航

スポンサードリンク

10月25日から運航開始

エミレーツ航空マリへ就航

エミレーツ航空は10月25日から、マリの首都バマコへの就航を開始する。

これにより同社のアフリカ大陸の就航先は28か所となり西アフリカの就航先は6か所目となった。

マリはアフリカトップの金生産国であり、トンブクトゥ、ジェンネの旧市街、アスキアの墓とバンディアガラの断崖など、4つのユネスコ世界遺産を保持している国であり首都のバマコは、ニジェール川の南西部に位置し人口はおよそ300万人、世界で最も急成長を果たしている都市である。

win-win構築なるか

運航曜日は火、水、金、日曜日。現在週4便で運航しているダカール(セネガル)便をバマコへ延伸する運航形態となる。

ドバイを7時20分に出発し13時10分にバマコに到着。14時40分にバマコを出発し16時30分にダカールに到着。18時にダカールを出発し翌朝7時30分にドバイに到着するタイムテーブルとなっている。

使用機材は3クラス編成(ファーストクラス12席、ビジネスクラス42席、エコノミークラス213席)のA340型機で運航される。

エミレーツ航空関係者は「マリは経済成長と豊かな観光資源があるなど、大きな可能性を秘めており、以前から就航させているダカール便をバマコに延伸する事により、マリとセネガル両国のビジネス、レジャーの押上げ役になる事を期待している。」と述べている。

(画像はプレスリリースより)

<外部リンク>
エミレーツ航空プレスリリース
http://www.emirates.com/english/centre/a340

スポンサードリンク