三菱重工はサウジアラビア都市開発で冷凍機受注

スポンサードリンク

サウジ都市開発プロジェクト向け大型冷凍機受注

2015年7月23日、三菱重工はサウジアラビアのマディーナにおける都市開発プロジェクトで用いられる大型ターボ冷凍機80台を受注したことを発表した。

三菱重工はサウジアラビア都市開発で冷凍機受注

同冷凍機は地域冷房プラントに配される予定で、総冷房能力は約20万冷凍トン、2015年秋納入を予定する。

中東で市場獲得目指す三菱重工

マディーナはイスラム第ニの聖地として知られ多くの巡礼者が訪れる。人口は約130万人である。

同地域は日中の厳しい高温と、一日での激しい気温・天候の変化に悩まされている。そのため、多数の人が集まる空間における快適な空調は常に課題となっている。

三菱重工はこの度納入する「AART-270I」について、「インバータ制御により圧縮機の回転数や機器の制御機構をきめ細かく数値演算制御することで、負荷や外気温度に追従し極めて高効率な運転を実現します。特に外気温度が低い夜間においては、大幅省エネ効果を発揮します。」(三菱重工プレスリリースより)と述べる。

三菱重工は中東地域への納入実績を着実に増やしており、今後も同地域における市場獲得を目指す。

(画像は三菱重工公式サイトより)

<外部リンク>
三菱重工 プレスリリース
https://www.mhi.co.jp/news/story/1507235663.html

スポンサードリンク